睡眠用語 概日リズム睡眠障害

概日リズム睡眠障害というのは、体内時計(概日リズム)の狂いによる睡眠障害のことです。

日中に眠たくなったり、夜中に目が覚めるなど生活リズムと睡眠リズムがずれてしまいます。 睡眠相前進症候群、睡眠相後退症候群や覚醒障害などの症状があります。

これは、夜勤などの仕事でどうしても夜間に働いたり、そのあと昼間に眠るといった生活リズムを行っていると起こることがあります。 睡眠のリズムと外界の明暗周期とがずれてしまい、睡眠リズムが狂う事から起こります。

この概日リズム睡眠障害になると、夜寝るべき時間に寝れなくなったり、昼間に起きていないといけない時に眠くなったりします。

また、集中力の低下や倦怠感など、社会生活にも影響を及ぼす場合もあります。

この概日リズム睡眠障害を解消するためには、まずは昼と夜の生活をもう一度逆転させる必要があります。

そのためにも、昼間はしっかりと日の光を浴びるようにし、睡眠時間をずらしていく必要があります。 また、どうしても辛い場合は、入眠促進剤やメラトニンなどを用いて改善していく方法もあります。

この薬などを使用する場合は、ちゃんと医師の診断を受け、計画的な治療を行うようにして下さい。

睡眠用語一覧へ戻る

一押し商品ラインナップ

布団セット 通販 毛布 通販 ホットテックス毛布 通販 タオルケット、ブランケット 通販 掛け布団カバー 通販 布団シーツ 通販 枕 通販 抱き枕 通販 マットレス 通販 空気清浄機 通販

Copyright (C) 2009 布団 通販 寝具のヨクネル All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。